様々な広告戦略

オーダーして作成したオリジナル紙袋や、腕章は会社名の周知などにも効果があります。持ったり、つけているだけで人目に付き、宣伝効果が得られるためこれらの方法でブランド力を上げている会社は少なくないでしょう。また、垂幕や横断幕は車道や遠目からでも目に留まりやすく、大きな広告効果が期待できます。こうした広告・広報戦略においても重要な役割がある垂幕・横断幕や腕章ですが、作るにはそれに応じたコストがかかります。作るならピンポイントで効果があるものを激安で作って大きな効果が欲しいものですね。

腕章や垂幕を激安で依頼するポイントを押さえよう

印刷機

腕章とは

腕章はスタッフや社員の作業着などの腕部分に着けられる帯状の布で、所属や役割を示すものです。腕章にはオリジナルのデザインや社名などを刺繍することができるので、所属の証明や会社名の周知に効果を発揮します。ロット数などによっても異なりますが、一般的なオリジナル腕章の相場は5,000円~3,000円程度となっています。

垂幕とは

垂幕は、縦に長い布に文字を描いたものです。社名や広告、キャッチコピーなどを書いたものをビルなど高さのあるところから降ろし、下部分を固定して利用します。車や遠目からも見ることができるので目立つ広告になります。長さやサイズ、デザインや文字など色数や大きさなどでも価格が異なります。素材などにもよりますが、9,000円~80,000円程度の価格が相場になっています。

横断幕とは

横断幕は、横に長い布に文字やデザインを描いたものです。スポーツの試合などでかかっている事も多いです。社名、キャッチコピーなどやメッセージを描いて横幅のある場所に固定します。固定するので翻ることはありません。相場は垂幕と同じ程度で、9,000円~80,000円など素材などによって大きく価格が異なります。

激安で作るポイントは?

宣伝費用は出来る事なら安くコストを低くしたいと考えるものでしょう。垂幕や腕章、横断幕をオリジナルで安く作るにはどういったポイントを注意しておけばよいのでしょうか。素材にデザイン、依頼する業者など業者によっては価格が下がるポイントがあります。ポイントごとに解説を見てみましょう。

[PR]
腕章作成の専門店をリサーチ
リーズナブルな価格で対応してくれる

激安で作るポイント!

1:素材選び

横断幕などを作る際、その素材になる布により大きく価格が変わります。ポリエステルやターポリン、遮光ターポリン、トロマット、防炎トロマットなど、その素材によって同じサイズでも価格差が40,000円近く出ることもあります。中でも、防炎トロマットが素材としては高いです。燃える危険性がないところに設置する予定であれば別の素材を選ぶ方が安くなります。

2:デザイン選び

デザインから依頼する場合は、デザイン料がかかります。個別にイラストレーターやデザイナーに依頼してデザインを作る場合もあれば、社内で作ったり、横断幕などの受注会社でデザインを依頼するなどの方法もあります。個別依頼の場合は、そのデザイナーやデザイン会社とのやり取りで価格が大きく変わります。一般的なデザイン会社の場合は4,000円~30,000円などのデザイン料がかかります。全て込みの業者もあるので価格比較などしながら判断しましょう。

3:デザイン料を抑える

依頼する際のデザインは要素が少ないものにするとその分、価格を抑えることができます。複雑になればなるほど、価格が高くなります。そのため、安く抑えたい場合は入れる要素を極限まで減らすなど最低限必要な物を決めておくと良いでしょう。

4:デザイン再現の手間を抑える

業者によっては銀・金などの色を利用する場合は刺繍で対応するところもあります。そうすると手間がかかることから料金が高くなることがあります。デザインにいれる色やデザインなどから利用する業者を選ぶか、または過剰なデザインなどは省いて魅せる工夫をするなどによって価格を抑えるようにしましょう。

[PR]
のぼり製作は専門業者にお任せ!
対応価格がリーズナブル♪

価格を抑えるポイントまとめ

費用を抑えるポイントを把握して、必要なサイズ・色やデザインなどの部分での無駄を排除することが安くするためのポイントです。サイズが大きいものほど高くなるので、必要な枚数等も考えて依頼を考えてみましょう。まとめて依頼できる激安なプランを用意している業者もあるので依頼する際には比較検討してみてください。次に、発注の際に気になることについてよくある質問を調べてみました。

よくある質問

[PR]
アドバルーン広告業者が検索できる!
一度見積り依頼をしてみよう

[PR]
商品パンフレットの制作依頼
豊富な経験のプロ対応

広告募集中