商品パンフレットの広告効果と依頼について

広告の形や種類

会社の商品を効果的に紹介したりするのに必要な商品パンフレット。商品パンフレットの依頼の際に、ほか広告や会報なども同じデータなどから依頼したいなど一括の依頼を考えることもあるでしょう。ほかの広告展開などを考えるのであれば、商品パンフレット以外にもどういった物を作ることができるのか知っておくといいでしょう。

制作業者で依頼できる広告一覧

  • 商品パンフレット
  • ポスター・チラシ
  • 広報誌
  • DM
  • 広告
  • 会報
  • 会社案内
  • カタログ
  • チラシ
  • ノベルティ

商品パンフレットの広告効果と依頼について

カタログ

商品パンフレットの強み

商品パンフレットの強みは、多くの商品の写真・価格・イメージなどを伝えることができる点にあります。イメージが伝わりやすいと、実際に購入する際の助けになったりします。ぼんやりとしたイメージが明確になることで購入意欲を向上させる効果が期待できます。また、他商品も併せて紹介できるので、複数購入などより多くの利益になることもあるでしょう。

見せ方のデザイン

無料の商品パンフレットなど配布したものを手に取ってもらうためにも、表紙デザインや内容のデザイン、見やすさは重要なポイントです。見せ方のデザインはやはり専門のデザイナーに依頼することがオススメです。業者ではデザインのし直しも何度までかは無料など設定されていることもあるので、本格的にデザインを依頼することもできます。

目を引く写真の重要性

商品パンフレットの見せ方、そのデザインによってより購買意欲を向上させる効果があります。特にイメージを具体的に見せる効果のある写真は、商品パンフレットでも重要なポイントです。専門のフォトグラファーを抱えている業者などでは、こうした写真撮影から請け負っているところもあります。

依頼の仕方フロー

相談連絡

制作業者へまず概要を伝えて制作相談を行います。どういった媒体の物を作るかなど相談し、対応可能か確認や相談を行います。制作業者のweb等を確認しながら、事前に近いイメージの制作例などがあれば相談の際に伝えておくとより明確なイメージが伝わりやすいでしょう。

サイズ・部数の指定・見積もり

サイズやテンプレート選択、部数の指定などプランの設定を行います。デザインからの依頼や、写真依頼からなのかなどプラン設定から依頼内容と見積もりを出すので、見積もりや条件に承諾したら依頼契約をします。このときに複数見積もりを出しておくと、比較検討することができます。

デザイン・データ集め

依頼後、データを集めやデザインの入稿などを行います。このときに写真撮影などの依頼をしている場合は商材の撮影などをします。撮影の場合は撮影班による写真撮影を行ってデータを集めます。撮影をしない場合は、画象や商品データの写真入稿を行います。

打ち合わせ・作成・校正

デザイン案を出して打ち合わせをします。打ち合わせでイメージの手直しなどを行い、デザインが決まったら作成や校正を行います。手直しの回数は最初のプランなどで決められている場合と、別途回数に応じて料金が加算される場合があります。加算される価格や、リテイク可能な回数については見積もりや相談時などに確認することや業者のwebなどで確認ができます。

印刷・納品

校正が完了したら、印刷して納品を行います。印刷品質のチェックなどのあと納品されます。複数拠点や別の支店への納品発送についても対応している業者もいるので、複数個所に納品する際は、対応可否を確認しておくことがオススメです。対応できる場合、送料負担など条件がついていることもあるので確認しておきましょう。

広告募集中