手提げ袋と紙袋の宣伝効果と激安依頼のポイント

紙袋や手提げ袋の広告効果

紙袋や手提げ袋は、そのブランドやショップを宣伝する効果が期待できます。ブランド名やショップ名があることで、どういったものかなど判断できたり、どこから購入されたものなのかを判断することができます。安心感やブランドへの信頼にも繋がりますし、華やかな袋や実用性のある手提げ袋は役目を終えた後も、別の役割として利用されることもあります。別の役割で利用されるようなデザインにしておくことで、ショップの宣伝につながる効果が出ることも考えられます。

紙袋人気サイズ

no.1

規格サイズプラン

とにかく安く仕上げたい場合や、大量に発注したい場合にオススメです。いくつかのサイズ規格から選ぶことが可能で、紙の種類や紐などもプラン設定の中で選ぶことが出来ます。入れるものが規格サイズで問題なく、プラン内の物で問題なければ規格サイズプランを利用すると良いでしょう。

no.2

小ロットプラン

引き出物や式典、イベントなどで使える小ロットプランです。500枚以下などの小さな式典やイベントなどを行う際にオススメです。サイズの幅が少ないことがあるので、自分に合ったサイズを扱っている業者を探してみましょう。個人ショップなどで、少ない数から依頼したい人に向いています。

no.3

フルオーダープラン

オリジナルサイズのプラン。規格外のサイズや、紙のタイプ、質や加工など、細かく設定することができます。高級感を出したり、特殊な加工をしたいなどであれば、フルオーダープランなどを選んでみるのも良いでしょう。特殊サイズや、より小さな紙袋なども作ることができます。

手提げ袋と紙袋の宣伝効果と激安依頼のポイント

紙袋

紙袋のタイプ

紙袋以外にもビニールやプラ袋など、素材が異なる袋を制作することができる業者もあります。布など、袋の素材にこだわりたい場合は作りたい袋の素材やタイプ、サイズへの対応などを業者で確認してみると良いでしょう。印刷位置やデザインなどでも適切な素材を選ぶようにしましょう。

手提げ袋・紙袋の素材

安い価格で作ることができ、印刷が綺麗に出るので人気があるのが晒クラフト紙です。漂白したクラフト紙でざらっとした質感があります。表面を平滑処理することでつるっとした触り心地を持つ片艶晒クラフト紙などもあります。ツルツルで照りのある光沢をもつコート紙や、染色されたカラークラフトなど、目的やデザインに合わせて選ぶことができます。

紐の素材

水に強く丈夫なPP(ポリプロピレン)紐や、紙製紐、アクリル丸紐や紙制紐3本を合わせた強度のあるものもあります。更に強度が高く光沢感があるエクセルフィラメントやプラスチック製のタックタイプのものもあります。持ち手は中に入れるものに合わせて、強度を考えて選ぶようにしましょう。重いものや壊れやすいものを入れる際には、高い強度を持つ持ち手が必要です。

紙袋・手提げ袋を激安で作るポイント

規定サイズオーダーを利用する

すでに決まったプランになると、価格が安く設定されていたり、まとめて簡単に依頼できることで手間が削減されて安い価格で依頼できるといったことがあります。こうしたプランを利用することで大量発注も激安価格で行うことができる業者もあります。

ロット数に合わせて得意とする依頼先を選ぶ

大量に作る必要がある場合は、ロット数が多いほど単価が安くなるプランやシステムを利用している業者を利用してみましょう。少ない数であれば、小ロットから行なうのを得意としている業者を選ぶと安く依頼できます。得意としているプランを確認して、検討してみましょう。

デザインポイントを絞る

業者によってはテンプレートから選んだり、印刷する数やポイントなどのデザインで費用を抑えることができるケースもあります。印刷業者のプランや設定などから、色数など指定する内容を考えてみることで安くできるかもしれません。業者によって異なるので、全面プリントやワンポイントなどデザイン内容で安くなるところを探してみるのも良いでしょう。

複数の依頼先で見積もりを出す

同じ条件でも手数料や費用などの価格が変わることがあります。複数の依頼先で見積もりを出して、より安くてクオリティの高いところを選ぶようにしましょう。使える素材や納期など、必要な条件を見ながら考えましょう。安さだけに飛びつくのではなく、質などもよく確認して選びます。

納期を長く見積もる

納期が短いと、依頼料金が高くなることが多いです。また、発送などを考えると業者によっては製造拠点が海外にあるケースもあるため、飛行機の都合などで遅れる恐れもあります。納期を長く見積もると、価格が安くなる業者もありますし、予定通りに受け取るためにも余裕を持った依頼・入稿をしましょう。

広告募集中