テレビコマーシャルの時間枠選択と依頼の流れ

テレビコマーシャルの宣伝効果

テレビコマーシャルは、リアルタイムで流れることからかなり高い効果があります。また、ターゲット層の視聴時間に合わせてテレビコマーシャルを流すことによって、より高い効果が期待できます。そこで、テレビコマーシャルを流す時間枠として人気の時間帯や購入パターンをご紹介します。

人気のテレビコマーシャル時間枠

no.1

ヨの字型

朝のニュースなどの時間・出勤前などの主婦・会社員・学生などをターゲットにすることができる時間枠です。平日の朝(6時~9時)、昼(12時~14時)、夜(18時~00時)の時間と土日の時間すべてでカタカナのヨの字を描くような時間枠の購入パターンです。

no.2

コの字型

朝の出勤・通学前の時間(朝6時から9時)、夜の帰宅後から就寝時間までの時間(夜18時~0時)と土日の時間でコの字を描くような時間枠です。学生や社会人の在宅時間などTVコマーシャルを見るであろう可能性が高い時間になります。

no.3

逆L字型

18時から深夜0時までの夜の時間と、土日のすべての時間で逆L字を描く時間枠の購入方法です。学生・主婦や会社員、自営業など在宅時間や家族のだんらん時間といったTV視聴率の高い時間になります。ゴールデン番組などが放送される時間枠なので、家族向けのCMや車のCMなどが多くあります。

テレビコマーシャルの時間枠選択と依頼の流れ

スタジオ

購入ターゲット層の選択

サービスや商品を買ってもらいたいターゲット層をまず定める必要があります。保険なら30代~60代など保険に入る世代や主婦を狙った昼頃の時間にテレビコマーシャルを流すなど、狙っているターゲットによって放送時間を変化させることは大きな効果が期待できます。また、ゲームなどの子どもや学生向けの商品であれば家族で見るゴールデン番組の放送時間や、アニメなどが流れる夕方ごろなどを狙って流すのがオススメです。

主婦に向けたテレビコマーシャルの時間

主婦の場合は、朝は会社や学校へ家族を送り出す時間になるのでそれほど注意してTVをみることはできないでしょう。会社に送り出した後や昼休憩の時間でテレビコマーシャルを流すのが効果的です。夜の食事時間や、食事用意や片付けなどが終わって一段落する時間帯に流すことも効果が期待できます。

会社員に向けたテレビコマーシャルの時間

深夜勤務などイレギュラーな場合以外は、朝の起床から朝食中、出勤前などにニュースを視聴する人も多く居る会社員。その朝の時間と、定時帰宅後の18時以降を狙ってテレビコマーシャルを流すと効果が期待できるでしょう。寝るまでTVやドラマなどを見ている人もいるので、そうした会社員へ向けて保険や車、化粧品や家族で必要なものや趣味に関連するものなどの広告を出すという企業も多く居ます。

テレビコマーシャルの制作の流れ

CM作成する映像会社に相談

テレビコマーシャルを流すにはコマーシャルの映像データが必要です。まずは映像制作を行うべく、映像会社へ相談を行いましょう。

予算や内容などを伝えて見積もり

タレントの起用やロケなど、希望する内容やそれに見合った予算について相談します。見積もりが出るので、そこから費用や内容などを考えて依頼するか検討します。複数の業者で見積もりを依頼して、マージン費用や撮影のプランなど予算内でどれだけの物を依頼できるかから業者を選びましょう。

依頼・打ち合わせ・制作

見積もり確認後、依頼をして打ち合わせを行います。脚本やCM構成など相談して、伝えたい内容が伝わるかイメージに合っているかなど入念に相談して決めます。それから制作に入ります。

納品

制作、編集やチェックなどを経て、納品されます。納品後、購入したCM枠にて放送を依頼します。放送枠などの手配もすべて相談できるところなどを利用すると、マージンなどが発生しなかったり、安く依頼できたりするケースもあります。利用する業者や価格などから考えてみましょう。

広告募集中